クレンジングの知識

クレンジングのオイル、ジェル、クリーム、ミルクの違いとは?

投稿日:

 

毎日メイクをしている人にとってクレンジング選びは、スキンケアを徹底するための重要なポイントとなります。
毎日のメイクがしっかり落ちていないと、皮膚が色素沈着を起こしてくすみやシミを招く要因となるので注意が必要です。
一言でクレンジングといっても、オイルやジェル、クリーム、ミルクといった風に、使用感や配合されている成分、洗い上がりの感じなど様々です。
今回は、クレンジングのタイプ別に、クレンジング力や肌への負担度について解説していきます。

クレンジングオイル

まずはクレンジングオイルを解説します。

メリット

クレンジングオイルの特徴は、溶かしてメイクを落とせる点です。
濃いメイクでもしっかり落とせるので、落ちにくいリップメイクやウォータープルーフタイプのアイメイクをしている人におすすめのクレンジングです。
クレンジングオイルは、ウォータープルーフタイプのマスカラといった落ちにくい部分メイクを落とすのにも重宝されています。
角栓や古い角質までしっかり溶かして落とせるぐらいに、高いクレンジング力を誇っている物も開発されています。
界面活性剤を多く含んでいるクレンジングオイルの場合は、スピーディーにメイクオフできるのですが、その分肌への負担も大きく乾燥しがちになるので、乾燥が激しい冬場や春先での使用は控えるようにしましょう。

デメリット

クレンジングオイルが、皮膚のNMFという天然保湿因子といった皮脂まで一緒に洗い流してしまうことによって、皮膚の表面をカバーしている皮脂膜まで奪ってしまう恐れがあります。
皮脂膜は皮膚の潤いを保つのに欠かせない成分なので、長期間連続してクレンジングオイルを使用するのは避けましょう。
クレンジングオイルも、エキストラヴァージンオリーブオイルやスクワレンオイル、ホホバオイル、馬油といった天然成分を配合している物だと、洗いながら皮膚に大切な油分を補うことができるので、クレンジングオイルを選ぶ時には、天然成分由来の物をセレクトするようにしましょう。

おすすめの人

・いつもバッチリメイクの人

・目元用クレンジングと顔用クレンジングと2種類分けて使用するのが面倒な人

・ウォータープルーフタイプのマスカラやウォータープルーフタイプのアイライナーを常時使用している人

クレンジングジェル

続いてはクレンジングジェルについてです。

メリット

こすらずにメイクを浮き上がらせてオフできるので、肌に負担をかけることなく、クレンジングできるといったメリットがあります。
クレンジングジェルでも、オイルフリーの水性ジェルタイプは、ニキビ肌の方でも安心して使用することができます。

デメリット

油分成分を多く使用したウォータープルーフタイプのマスカラやウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用したファンデーションやBBクリームでのメイクの場合には、場合によってはメイクをしっかり落とせない場合もあります。
クレンジングジェルは、オイル入りでも洗い上がりはどちらかというとさっぱりしているので、乾燥肌の方は、クレンジングや洗顔後には化粧水や美容液でしっかり保湿することが大事です。
乳化していない透明のジェルだと、界面活性剤を多く使用している物が多いので、肌への負担も大きくなってきます。
選ぶ時には、乳化しているクリームのような色味のついたクレンジングジェルを選ぶようにしましょう。

おすすめの人

・ナチュラルメイク派の人

・ニキビができやすい人(水性ジェルタイプ)

クレンジングクリーム

続いてはクレンジングクリームについてです。

メリット

手に取って充分温めてからメイクに馴染ませるので、やさしくマッサージする感覚でメイクを落とすことができます。
クレンジングクリームには、油分もしっかり含まれているので、油分を含んだリキッドファンデーションやクリームファンデーションを落とすのにも相性が良いようです。
クレンジングクリームは、クルクルと小さな円を描くようにマッサージしながら、メイクオフしていくときれいにメイクオフできます。

デメリット

油分成分を多く含むので、ニキビ肌の方が使用した場合に油分がニキビ菌のエサとなるのでニキビを悪化させることもあります。
容器が蓋つきの場合には、使用する度にクレンジングクリームの中に指を突っ込んで使用することになるので、場合によっては指に付着している汚れや細菌まで成分と混ざってしまうこともあるので、ポンプ式の物やチューブタイプの物を選ぶようにしましょう。

おすすめの人

・いつもクリームファンデーションやリキッドファンデーションなど、油分を含んだベースメイクをしている方

・クレンジングと同時に、マッサージケアもしたい方

クレンジングミルク

続いてはクレンジングミルクについてです。

メリット

手で温めてからメイクに馴染ませ、ぬるま湯で洗い流したり、コットンでふき取るので、肌にマイルドな点が人気を呼んでいます。
使用する量が少ないと、メイクと馴染ませようと皮膚を無意識にこすってしまうので、たっぷりと使用しながらやさしくオフしていきましょう。

デメリット

皮膚にはマイルドなのですが、水分を多く含んでいるので、クレンジング力が弱いからといって、ウォータープルーフのマスカラやアイライナーを落とす時に、メイクが落ちにくいといってゴシゴシこすらないように注意しましょう。
目元や口元だけ、ポイントメイクリムーバーやオイルクレンジングを活用するとよいです。

おすすめの人

クレンジングの種類の中ではマイルドになるので、普段ミネラルファンデーションやBBクリームといったナチュラルメイクの人には、肌に負担の少ないクレンジングミルクがおすすめです。

クレンジングシート

続いてはクレンジングシートについてです。

メリット

車での移動中などで、クレンジングする時に水がない時でも使用できます。
仕事から疲れて帰ってきた時でも、寝転んだままクレンジングシートでメイクオフできるので、疲れてメイクを落とさずにそのまま寝てしまうといったリスクを防ぐことができます。
クレンジングシートだと、ダブル洗顔が必要ない点が魅力です。

デメリット

ふき取る時に皮膚をこすってしまうと、皮膚を保護している皮脂膜まで奪ってしまうだけでなく、皮膚に細かい傷をつけてしまうこともあるのでゴシゴシとこするのはNGです。
界面活性剤やアルコール分を多く使用しているので、ふき取った後に乾燥しやすいといったデメリットがあります。

おすすめの人

・ダブル洗顔が面倒な人

・車での移動中などでメイクを落とす時に水が使えない人

・メイクを落とすのが面倒臭い人

・お昼休みの化粧直しの時など

クレンジングローション

続いてはクレンジングローションについてです。

メリット

コットンにクレンジングローションを浸けてふき取っていくタイプなので、水を使用できない場所でも手軽に使用できます。
たくさん紫外線を浴びた日には、クレンジングローションでふき取ることによって、皮膚の表面に付着しているメラニンまでしっかりふき取ることができます。

デメリット

クレンジング力は高いのですが、皮膚への刺激が強い成分を使用している物も多いので、敏感肌の人は使用を控えた方がよいかもしれません。
毎日のように連続で使用するのは避けましょう。

おすすめの人

・移動中などで水を使用してクレンジングできない人

・ダブル洗顔が面倒な人

・皮膚に付着しているメラニンまでしっかりオフしたい人

・お昼休みの化粧直しの時など

メイクが落ちやすい順番は?

メイクが落ちやすい順番としては、

オイル>ローション>ふき取りシート>ジェル>クリーム>>ミルク>

となります。
一般的にはメイクが落ちやすい順番は上記のようになりますが、配合している成分によって若干差がある場合もあります。
基本的には、ベースメイクに使用している成分をしっかり落とせるようなクレンジングを選ぶことが、きれいにメイクを落とすポイントとなります。
ベースメイクを仕込んだ時間と同じぐらいに、落とす時も丁寧に皮膚を傷つけないように念入りにクレンジングをすることが大事です。

肌に優しい順番は?

肌に優しい順番は、

クリーム>ミルクジェル>>ローション>オイル>ふき取りシート

です。
肌にやさしい基準を測る目安としては、肌が乾燥しにくいことや、刺激が少ないこと、界面活性剤の配合量が決め手となります。
ただし、ベースメイクにウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用していたり、油分の多いファンデーションを使用している場合には、肌への負担を減らすためだけにクレンジングを選んでしまうと、しっかりベースメイクを落とすことができない場合もあるので、ベースメイクの成分がしっかり落とせるクレンジングを選ぶようにしましょう。

さいごに

今回は、様々なクレンジングの種類について、それぞれのメリットやデメリットなど特徴について解説していきながら、クレンジング力の高いクレンジングと肌に優しいクレンジングの順番について紹介してきました。
クレンジングを選ぶ一番のポイントは、ベースメイクがしっかり落とせることと肌への負担が少ないことなので、ベースメイクに使用している成分をチェックしながら自分に合ったクレンジングを選ぶようにして下さい。

-クレンジングの知識
-, , , , ,

Copyright© 50代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.