クレンジングの使い方

クレンジングで肌荒れする原因とは?対策は何かある?

投稿日:

 

多くの人を悩ませる肌荒れ問題は様々な原因で起こります。

中でもクレンジングが原因で肌荒れを起こすことはとても多いんです。

どうしてクレンジングが原因で肌荒れが起きてしまうのでしょうか?

それは使うクレンジング剤がよくなかったり、正しくクレンジングができていない、などの原因が考えられます。

今回は、クレンジング剤によって起こる肌荒れの原因や、対策などについて詳しくお話しします。

クレンジングの重要性、クレンジングで肌荒れをする原因、肌質に合ったクレンジング選び、正しいクレンジングの仕方、などについて紹介します。

スキンケアで最も大切なクレンジングとは?

毎日のスキンケアは美しいお肌をキープするのにとても大切です。

中でも、クレンジングや洗顔は1日の汚れを落とす非常に重要なスキンケアです。

クレンジングを正しくできていないと、汚れがきちんと落とせません。

つまり、顔に汚れが残っているので、毛穴がメイクで塞がれたままになったり、肌が不衛生になって菌が繁殖したり、と肌荒れを起こしやすくなってしまうんです。

体は適当に洗ってもすぐにニキビができたりはしないですよね?

それは、顔が体よりも皮脂の分泌が多いところだからなんです。

そのため、丁寧に汚れを落としてあげないと皮脂とメイク汚れが毛穴を塞ぎ簡単に肌荒れを起こしてしまうエリアなんです。

また、汚れがきちんと落とせていない肌にどんな高級な美容液やクリームを塗っても効果は半減してしまいます。

そういう意味でもクレンジングはとても重要なスキンケアというのがわかりますね。

クレンジングや洗顔をきちんとすることができれば肌は劇的に変化をします。

そのためには正しくクレンジングをすることや、自分の肌質に合ったクレンジング剤を選ぶのがとても大切なんです。

クレンジングで肌荒れをする原因とは?

クレンジングが原因で肌荒れするのはなぜなのでしょうか?

まずはシートタイプのクレンジングを行っている、そしてクレンジングに十分に時間をかけていない、寝る直前にクレンジングをしている、クレンジングの仕方が間違えている、などの原因が考えられます。

○ シートタイプのクレンジング

拭き取るだけの簡単便利なシートタイプのクレンジングは楽チンで人気のアイテムの一つです。

ですが、このタイプのクレンジング剤は汚れが残りやすいです。

汚れが残りやすいイコール肌荒れも起こしやすいクレンジングなのです。

できれば違うタイプのクレンジング剤を使ったほうが肌荒れを起こしにくいです。

シートタイプを気に入っている方は、シートクレンジングの後に時間をかけて洗顔をしてください。

洗顔でも十分に汚れを落とすことはできますので、シートタイプ愛用者は洗顔に時間をかけてみましょう。

クレンジングの時間をかけていない

忙しい毎日を送っている方はクレンジングに時間をかけている暇がないかもしれません。

しかし、先ほども説明したようにクレンジングは美肌にとても重要なステップです。

1〜3分ほどクレンジングに時間をかけてみてください。

そうすれば。顔全体の細かいエリアまでしっかりとクレンジングができます。

ついでにフェイスマッサージもできて一石二鳥なんですよ。

毎日時間をかけれない方は週1でもいいので時間をかけてクレンジングをしてみましょう。

クレンジングをする時間

肌荒れを起こしやすい方に気にしてもらいたいのがメイクをしている時間を減らすことです。

あなたのすっぴんの時間はどのくらいありますか?

朝から夜遅くまでずっとメイクをしていませんか?

肌荒れを起こしやすい人はメイクをお休みする時間を作ってあげると肌荒れを減らせたり、現在できているニキビを早く治すことができます。

ですので、寝る直前までメイクをしている人は、帰宅後すぐにクレンジングをするようにしてみましょう。

クレンジングの仕方を間違えている

クレンジングをお風呂の中で行う人は、濡れた手と濡れた顔でクレンジングを行っているかもしれません。

ですが、その方法ではクレンジング剤が汚れにしっかりと吸着できないことが多いんです。

ベストなクレンジング方法は乾いた手にクレンジング剤を出し、乾いた顔(メイクをしている顔)にそのままクレンジング剤をつけてクレンジングを開始する方法です。

濡れた手や顔で問題なくクレンジングができると販売されている商品も一部ありますが、できれば乾いた手と顔でクレンジングを始めてみましょう。

肌質に合ったクレンジングを選ぶ

クレンジングで肌荒れを起こさないためには自分の肌に合ったクレンジング料を選ぶことも重要です。

あなたは何を基準にクレンジングを選んでいますか?

自分の肌質を元にクレンジングを選んでいますか?

肌質の見分け方

まず自分に合うクレンジングを選ぶために自分の肌質を見極めてみましょう。

自分は乾燥肌、敏感肌、と思っていても実は違う肌質であることもあります。

肌質には世界的な基準はなく、化粧品会社や美容学校などが独自のルールで肌質を決めていることが多いです。

今回は参考として毛穴の大きさ(皮脂の分泌量)を基準に肌質をわけて紹介します。

今回紹介する肌質はあなたの肌のベースとして考えてください。

季節ごとに乾燥したり、べたついたり、肌荒れを起こしたり、というのは生活や環境の影響で肌コンディションが崩れることで起こります。

しかし、根本的な肌質は劇的にホルモンバランスが変化する思春期、妊娠、放射能治療、などの影響がない限りは変わらないとされています。

乾燥肌

まず乾燥肌の人は皮脂の分泌が非常に少ない人です。

日本人には少ないタイプの肌質です。

毛穴はほぼ見えず、年中肌が乾燥しがちな肌質で、色白の人に多いです。

にきびはほぼできないのがこのタイプの肌質です。

乾燥しやすいので小じわになりやすいです。

普通肌

普通肌の人は顔の中心部分に少し毛穴が目立ちます。

基本的にバランスのとれた肌質で、あまり肌トラブルなども起きにくい肌です。

多くの人はこのタイプの肌質であることが多いです。

オイリー肌

オイリー肌の人は顔全体に毛穴が目立ちます。

皮脂の分泌が多く、洗顔後もすぐに顔がテカリやすい肌タイプです。

皮脂の分泌が多いのでシワなどになりにくい肌質です。

敏感肌

敏感肌の人は顔に常に赤みがあったり、アレルギー、アトピー、喘息などを持っている人です。

化粧品にかぶれやすく使用化粧品に注意が必要な肌質です。

ニキビ肌

オイリー肌と似て毛穴のサイズが大きく顔全体に目立ちやすいです。

思春期よりにきびができ始め大人になってもにきびが出続けます。

家族にもにきびになる人がいて、顔だけでなくデコルテや背中などにもにきびができます。

この肌質の人は他の肌質の人よりも粘り気のある皮脂がでやすく毛穴が詰まりやすいのが特長です。

肌質別おすすめのクレンジング剤

自分の肌質を見極めたら、肌質に合うクレンジング剤を選びましょう。

乾燥肌は保湿効果の高いバームやクリーム状のクレンジング剤がおすすめです。

普通肌の人は比較的どのようなクレンジング剤も問題なく使えます。

おすすめはクリームや乳液タイプのクレンジングです。

オイリー肌の人は洗浄力が強めの泡立つジェルやオイルのクレンジング剤がおすすめです。

敏感肌の人は泡立たないジェルのクレンジング剤がおすすめです。

特別敏感肌の人に向けに売られているクレンジング剤で、洗い流しても拭き取ってもいいタイプのクレンジング剤です。

極度の敏感肌の人は水で顔を洗うことも刺激になる人がいます。

そのような人は超敏感肌用のジェルクレンジングを使って拭き取りましょう。

ニキビ肌の人にはオイリー肌同様洗浄力が強い泡立つジェルやオイル、またピーリング成分が配合されているクレンジングの使用もおすすめです。

ピーリング剤が配合されているクレンジング剤を使えば毛穴の詰まりを毎回のクレンジングで解消してくれます。

肌に合ったクレンジングの見分け方

ここまで紹介したことをベースに自分の肌質に合うクレンジング剤を選んでみてください。

そして実際に使ってみてください。

自分の肌に合うクレンジングの場合、洗った後、顔がつっぱらずベタつかずちょうどいい感じに仕上がります。

このように自分にとって心地よく仕上がるクレンジングを見つけるのが重要です。

正しいクレンジングの仕方

最後に正しいクレンジングの仕方を紹介します。

まず、アイメイクやリップメイクはポイントメイク落としで先に落としておきましょう。

クレンジング時に一緒に落とそうとすると、こすって小じわの原因になります。

なので前もって落としておくのがおすすめです。

アイメイクやリップメイクを落としたら、乾いた手にクレンジング剤を取り、顔全体にクレンジング剤を広げましょう。

そして最低1分ほどかけて顔全体をマッサージしましょう。

とくにクレンジング不足になりやすいのがヘアライン、小鼻の周り、顎ライン、などです。

顔の真ん中だけではなく、細かいエリアもしっかりとクレンジングをしていきましょう。

取れにくい眉毛メイクをしている方は、眉周りもしっかりとマッサージをしてください。

滑りが悪ければクレンジング剤を足しましょう。

全体を十分マッサージしたら、ぬるま湯を少量足して再度全体を軽くマッサージしてください。

そうすると、クレンジング剤が乳化し汚れが浮かび上がってきます。

その後ぬるま湯で洗い流して洗顔をしてください。

まとめ

今回はクレンジングで肌荒れする原因と対策についてお話ししました。

クレンジングは肌荒れを起こさないために最も大事なスキンケアです。

しかし、使うものが肌に合っていなかったり、正しくクレンジングができていない、などのことから逆に肌荒れを起こしてしまうこともあります。

クレンジングはシートタイプ以外で自分の肌質に合うものを選んでみてください。

洗い上がりが心地いいものがあなたに合っているサインです。

クレンジングは最低1 分ほどがんばってみてください。

上手にクレンジングするには乾いた手と顔で始めてみましょう。

正しくクレンジングをするだけで肌荒れはかなり抑えることができます。

今までのクレンジングに何か間違いはなかったか?今一度考えてみましょう!

-クレンジングの使い方
-, ,

Copyright© 50代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.