クレンジングの知識

クレンジングは何分くらいでするといいの?

投稿日:

 

クレンジングは重要、だから念入りにしなければならない、そんなふうに思いがちかもしれません。
けれど、クレンジングが負担となって敏感肌になってしまっている人は多いんです。
そこで、お肌のためになるクレンジングについて、ここでしっかり勉強しておきたいと思います。
クレンジングもこれからずっとのお付き合いです。
お肌を良くするためのクレンジングで、キレイも若さもキープです!

クレンジングに時間をかけるのはむしろお肌には負担

時間は関係ありません。
長く置いたから効果が高いなんてことはない。
逆にクレンジング成分の影響はお肌の能力低下の原因となってしまいます。

時間にすれば1分程度、素早く、優しくが理想です。
メイクとクレンジングを馴染ませる時、マッサージなどの必要以上の刺激は不要、むしろお肌の負担になります。

手早く効果をあげる工夫としては、
洗顔やクレンジングの前に、蒸しタオルなどでお顔を覆い、毛穴を開かせておくと良いですよ。

クレンジングをお顔に伸ばす際、ハンドブレスやクレンジング剤を温めて使用するのも有効です。
毛穴の開きも良くなって汚れも落ちやすくなります。

クレンジングがお肌に負担になる理由は

界面活性剤

オイルクレンジングに限らす、ほとんどのクレンジングには界面活性剤が使用されています。
これは水と油を混ぜる働きをし、天然のもの以外にも原料の違いで幾つかの種類があります。
一番洗浄力の強いものは石油から作られた合成の界面活性剤。
クレンジングの多くに使用され、その配合量の違いでオイル、乳液、クリーム、ジェルに分けられています。

そしてオイルを落とす一番効果の高いクレンジングオイルは、合成の界面活性剤の配合量も多く、洗浄力が強すぎるためにお肌に必要な油脂成分まで溶かして流してしまうのです。
これが、クレンジングがお肌の負担になる原因、手早く済ませたい理由です。

クレンジングで起こるお肌の能力低下

お肌は皮膚の最先端にある角質層と皮脂膜で外的な影響から守られています。
これがバリア機能。
入浴で浴槽に浸かってもお湯が身体の中に染み込んでこないのもこのバリア機能の働きです。

そのバリア機能を構成する、天然の皮脂や、角質層の成分のひとつセラミドは脂溶性。
クレンジングに含まれる界面活性剤が長くお肌に影響すると、その必要な成分まで溶かして取り除いてしまうのです。

バリア機能が低下すると、紫外線や雑菌、外気の変化の影響も受けて、お肌はいろいろなトラブルを招きかねません。
だからクレンジングは必要以上の成分まで取ってしまわないうちに手早く済ませたいのです。

おすすめのクレンジング法

乾いた手に適量をのせ

手が濡れているとオイルクレンジングが手の上で乳化してしまいます。
また、クレンジング剤が少なすぎても伸ばす際の摩擦が刺激になったりもします。
充分な量を乾いた清潔な手にのせて、少し温めて柔らかくすると伸びやすくなります。

まずTゾーンから

しっかりメイクを落としたい部分から優先しておいていってください。

ハンドブレス

全体に伸ばしたら両手で覆って温めるとメイクへの馴染も良くなります。
優しくなじませて、先に浮き出たメイクを拭き取り。

ぬるま湯で乳化

残った油分に少量のぬるま湯を馴染ませてください。
これは乳化、水と油を混ぜるために行います。
手に残ったクレンジング剤に水を含ませると白く濁ります。
それをお顔全体に伸ばします。

すすぎ

ゴシゴシ摩擦でお肌に負担をかけないように注意してください。

ポイントは乳化

乳化させて水と油を混ぜることでクレンジング力がグッと上がります。
お肌にかける負担を少なく、素早く効果的にクレンジングする秘訣です。

通常のクレンジングでは、クレンジングのオイルとメイクは混じっても、それを洗い流す際の水とはうまく混じらずに残ってしまいます。
それを防ぐ為に必要なのだと理解してください。

最近話題の時短クレンジング、スグレもの

オールインワンジェルで時短できたと思ったら、今度はクレンジングひとつで全て完了してしまう、まさにこれだけケアの優れものです。
これまでお肌の負担になっていた合成界面活性剤を使用していないことや、それ以外にも、これまでのクレンジングがお肌に与える負担の全てを補っています

無添加

まず、最初にあげるのは、合成界面活性剤を使っていないということ。
時短クレンジングの多くは、植物性由来の天然成分を利用したものが多く、できる限りお肌への刺激が軽減されています。

毛穴の汚れも吸着して除去

炭酸の泡が汚れを吸着させるものや、手の上でオイル状に変わる栄養効果たっぷりのバームを利用した最新のテクノロジーで毛穴の汚れを浮き立たせて除去します。

W洗顔効果

本来はクレンジングで油汚れ、洗顔でお肌の表面に残った細かなほこりなどを洗い流します。
けれど、お肌にあるすべての汚れ全てが洗い流されるのなら洗顔は必要ありません。
洗顔も、摩擦や洗顔料の刺激、皮脂も洗い流してしまいます。
しなくて済むのなら嬉しい効果です。

美容液配合でその後のスキンケアまで出来てしまう。

美容成分配合なら、基本的には、その後の化粧水や美容液、乳液でケアする必要もなくなります。
疲れて帰宅したあとのスキンケアが、クレンジングひとつで全て完了できます。

まとめ

うっかりメイクを取り忘れてしまった翌朝、毛穴に詰まったメイクは皮脂と混じって酸化してしまっています。
メイクを取らずに眠ってしまったことの負担は1回で10日老けるという声もあります。
それを回復するのにも苦労しなければなりません。
だからクレンジングは大切。
けれどそのクレンジングも、使い方を間違えれば、お肌を敏感にしてしまいます。
クレンジングは優しく、手早くを心がけてください。

-クレンジングの知識
-,

Copyright© 50代におすすめのクレンジングランキング。人気商品はどれ? , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.